2022/05/01 更新                                                                                                                                  PhotoSize 610・1224

521系   金沢−富山・七尾
 北陸新幹線の金沢延伸開業に際し、北陸線をJRに代わって運行する、IRいしかわ鉄道はJR西日本から521系2次車3編成、3次車2編成を
譲り受けた。
 IRいしかわ鉄道の521系は、側面と転落防止幌には石川の伝統工芸を彩る5つの色、加賀五彩が各編成1色ずつアクセントカラーとして配され
ているので車両番号が確認できなくても、どの編成か判る。
 2021年3月にIRいしかわ鉄道が、JR西日本が七尾線に導入した100番台を3編成導入し、同社の521系は8編成となった。

製  造 :2009年近畿車輛 2010年川崎重工  2013年近畿車輛・川崎重工
電気方式 :直流 1500 V・交流 20000V 60Hz(架空電車線方式)
主電動機 :WMT102C かご形三相誘導電動機
出  力 :230kw 
最高速度 :120km/h
制御装置 :VVVFインバータ(WPC11-G2) 1C1M制御静止形インバータ一
ブレーキ :電気指令式ブレーキ(直通・回生・抑速・耐雪ブレーキ機能付き)
台  車 :動力台車 WDT59B  付随台車 WTR243C
定  員 :電動車両 129名(座席56) 付随車両 123名(座席52)
車体寸法 :長さ20.1m 巾2.95m 高さ3.69m
自  重 :電動車両クモハ521形 43.2t  付随車両クハ520形 44.3t

IRいしかわ鉄道所有車
IR01  クモハ521-10+クハ520-10
(緑)     IR02  クモハ521-14+クハ520-14(紫)       IR03  クモハ521-30+520-30(紺)
IR04  クモハ521-55+クハ520-55
(金)     IR05  クモハ521-56+クハ520-56(赤)
IR06  クモハ521-116+クハ520-116     IR07  クモハ521-117+クハ520-117          IR08  クモハ521-118+520-118


クハ520-55+クモハ521-55  呉羽駅−小杉駅間
 

クハ520-56+クモハ521-56  津幡駅
 

クハ520-30+クハ521-30  東金沢駅

クハ520-30+クモハ521-30  富山駅 

クハ520-30+クモハ521-30   森本駅
 

クハ520-14+クハ521-14+クハ520-56+クハ521-56  金沢駅
 

クハ520-10+クモハ521-10   高岡駅


クハ520-10+クモハ521-10   倶利伽羅駅


クハ520-14+クハ521-14  呉羽駅−小杉駅間
 

クハ520-117+クハ521-117    金沢駅
 

クモハ521-14の車内
 

クモハ521-56の車内
 

クモハ521  運転台
 

クモハ521とクハ520の連結部
 

クハ520-30の連結側のトイレ
 

クモハ521-56とクハ520-55の連結部
 

クハ520-56+クモハ521-56+クハ520-55+クモハ520-55  小杉駅−呉羽駅間

クモハ521-30+クハ520-30+クモハ521-10+クハ520-10  小杉駅−呉羽駅間