最終更新日:2018/08/10
最終取材日:2007/06/17

みなみいまじょう
路線:JR西日本北陸本線
今庄 ← 南今庄 → 敦賀
所在地:福井県南条郡南越前町南今庄7-10

県道270号線から南今庄駅

通過する683系特急「しらさぎ」名古屋行き

 南今庄駅は北陸本線の今庄−敦賀間が杉津(すいづ)経由から、北陸トンネル経由の新線に切り替えられた1962(昭和37)年6月10日に開業した。旧線の今庄−杉津間に大桐駅があり、その代替駅として2km今庄寄りの北陸トンネル入口近くに開設された。大桐駅は1908年3月21日に杉津−今庄間の行き違い用大桐信号場として開設された。 同年6月1日から地元の要望により大桐駅となって旅客・貨物取り扱い開始した。大桐駅は現在の北陸自動車道今庄トンネルの敦賀側入口付近にあった。
 南今庄駅は相対式ホームの無人駅で、福井県内の北陸本線で3駅ある跨線橋も地下道も無い駅の1つである。ホーム上に待合室があり、駅舎は無いが近くに南今庄休憩所があり、駐輪場、トイレ、待合室、パークアンドライド駐車場があり、実質的な駅舎の役目をはたしている。ホームと平行している県道207号線は旧線跡地を利用している。
 県道207号線を走ると旧線跡を辿ることになる。県道207号線は大桐の集落までが生活道路で、その先は鉄道遺構という感じで通過する車は少ない。今庄から敦賀へは国道476号線の木ノ芽峠トンネル(1783m)を抜けてすぐに到達する。
 県道207号線の北側を鹿蒜(かびる)川が流れている
1951年3月までここは鹿蒜村だった同年4月1日に今庄村に編入されている。駅付近には鹿蒜神社、鹿蒜田口神社、鹿蒜一里塚跡がある。駅から2kmほど今庄駅側で九頭竜川支流の日野川に合流する。日野川上流に広野ダムがある。支流の枡谷川上流に枡谷ダムがある。


上り線ホームから駅舎

50m離れているがトイレや駐車場もある実質駅舎の南今庄休憩所

駅と南今庄休憩所の位置 川で駅前には作れない Google Map

ホームから旧鹿蒜村中心部  現在は南今庄

福井方面ホームから今庄駅方向

福井方面ホームから敦賀駅駅方向

敦賀方面ホーム駅名標

福井方面ホーム駅名標

柱用駅名標

福井方面ホーム入口から今庄駅方向

福井方面ホームから南今庄休憩所

敦賀方面ホームへの踏切

敦賀方面ホームの待合室

福井方面ホームの待合室内

待合室の時刻表

ホーム出入口の階段

南今庄休憩所  左側が駐車場

休憩所の待合室

休憩所の駐輪場

鹿蒜川 駅から上流側

休憩所から鹿蒜川上流側

鹿蒜川 駅から下流側

列車非常停止警報装置のスイッチ

列車接近表示警報機

福井方面ホームから構内踏切

構内踏切警報機

ホームから観光案内板

ホームの積雪ゲージと駅名標

県道270号線から福井方面待合室

休憩所の銘板

通過する683系特急「しらさぎ」富山行き

通過する683系特急「しらさぎ」名古屋行き

通過する683系特急「しらさぎ」名古屋行き