富山県南砺市平地区の世界遺産相倉集落。かつて冬は雪に閉ざされ、陸の孤島と化したが、庄川水系の電源開発により1927年に小牧ダム湖と祖山ダム湖を使って連絡船が交通手段となった
その後、1984年に国道156号線の五箇山トンネルが完成し冬の陸路が確保され、人食い谷と言われた難所はなくなった。その後、世界遺産に登録され、東海北陸自動車道も開通した。
 このページを作成されたH.Takahataさんは昨年12月に他界され、義弟のH.Suwaが「北陸の私鉄」のサーバーに移して管理している。新規掲載の画像は総てH.Takahataさんが撮り貯めた画像を使用している。           2021/12/12 更新
title01a.jpg
title02a.jpg
title03a.jpg
mtop01a.jpg
mtop02a.jpg
mtop03a.jpg
title04a.jpg
title05a.jpg
title06a.jpg
mtop04a.jpg
mtop05a.jpg
mtop06a.jpg
title07a.jpg
title08a.jpg
title09a.jpg
mtop07a.jpg
mtop08a.jpg
mtop09a.jpg
toppage001004.jpg
toppage001002.jpg
yahoo.jpg
yahoomap.jpg
toppage001001.jpg
toyama.jpg
toyama2.jpg
msn.jpg
live.jpg
top001a.jpg
google1.jpg
banner01.jpg
banner02.jpg
banner03.gif
banner04.jpg
banner05.jpg
banner06.jpg
banner07.jpg
banner08.jpg
banner09.jpg
banner10.jpg
banner11.jpg
banner12.jpg
gmap.jpg
mapion.jpg
chiriin.jpg
cocomo.jpg
au_one.jpg
dmenu.jpg
sizen.jpg
radiko.jpg